ついに札幌出張!

何が「ついに」なのか・・・それは、

 

ご対面ができる!

ご対面ができる!

そう、全国で実働3台目になる予定のT130型ミニキャブのオーナー・Nさんとお会いできるチャンスがやってきたのです!!

札幌出張は場合によっては日帰りになる可能性もありますが翌日の朝が早いために前泊、しかもNさんは有休とのことで好条件!

 

 

車で移動

車で移動

・・・とはいえ午後のフライトなので到着は17時ころになりそう・・・なので効率重視でレンタカーを利用。もちろん自腹ですよ。

 

 

そしてついに到着!!

 

お~!!

お~!!

おおーー!!我が埼玉以外でこの個体を見ることができるとは!!

錆は出ていますが、まったく問題ないレベル。

 

 

眠りからの目覚め

眠りからの目覚め

丁度この日、冬の眠りから目覚めさせたとのこと。

私が着いた時はNさんがエンジンを始動させていましたが、最初はかかりが悪かったもののそのあとは安定してアイドリングを維持。結構寒い日だったのでかかりが悪かったと思われます。暖かくなったら再度試してみてください~

 

 

 

各部のチェック

各部のチェック

N市のN氏のことなどを話題にしながら各部をチェックします。

 

 

安心ですね!

安心ですね!

ダッシュの予備があると安心ですね!

写真には撮りませんでしたが、色々とスペアパーツを集めていらっしゃって、何かあっても当分は困らないレベル。さすがです!

さらにT130用グリルとT131前期用グリルもお持ちで、なんちゃって「W」化も可能。

 

 

苫小牧から

苫小牧から

誰かさんの足跡がある苫小牧から上げてきたようです。

 

 

荷台下

荷台下

ヒーターホースは朽ちておらずトランスミッションを吊るインシュレーターも元気そう。

 

 

自動スキマ調整機構の説明

自動スキマ調整機構の説明

三菱自動車の歴史の中で不可解機構トップ3に入りそうな「自動スキマ調整機構」も説明してきました。

整備書を見ているだけでは何を言っているんだか全く分からないんですよね、これ。

 

 

リフレッシュ済み

リフレッシュ済み

マスタシリンダはリフレッシュ済みで組み付け待ち。すでに大きな関門を1つクリアされていますね。

 

 

サビる

サビる

ダッシュを外してどうされたのかと思ったら、赤矢印部分が錆びていたとのこと。私も同じ。フルードが原因でしょう。。

デフロスタホースは新品のようですね、何を流用されたんでしょう。

 

 

コーションシール

コーションシール

コーションシールだ!よく生きていた!

わ、暖房用のノブのマークは初めて見たぞ!!

 

 

内張

内張

貴重は内張・・私は剥がしてしまいました。

 

 

天井

天井

天井のブツブツのライニングもばっちり生きていますね!サンバイザーも綺麗。

 

 

部品が違う!

部品が違う!

細かくてどうでもいいのですが、丸で囲ったゴム部品が私のと違うし・・・私のは単なる丸ゴム。

ん?少し違和感を感じたところで・・・

 

 

車体番号

Nさんの車体番号

私の車体番号

私の車体番号

車体番号を確認したら・・・Nさんのは3000番台の前半で私のは1100番台。私のより後年のものなので細かい改良がされているところも多いのでしょう。

 

ちょいと気になるのがT130型の生産台数・・

私のグレードは「デラックス」でT130型発売当初には無かったグレード。あとから設定されています。

このT130型は1971年6月に発売されて1972年8月には生産終了。いつ頃「デラックス」が追加設定されたか分かりませんが、Nさんの車体番号が3000番台ということは、総生産台数5000台にも達していなかった可能性があります。

ケンメリGTRの総生産台数197台を遥かに超えていますが(←比較対象がおかしい)、それでもかなり少ないかと。

 

 

今年中の復活を期待!

今年中の復活を期待!

ガレージの中や裏の秘密の車両など、私よりかなり手広くやっていらっしゃっているNさん。偶然にもN市のN氏と同じ業界で仕事をされているなどN氏臭が漂っていました。

北の国の旧車ライフは1年のうち半分はオフシーズンなので時間的にも厳しいかもしれませんが、今年中の復活を期待しています!

 

また札幌出張が入ったら寄りますね!今度はゆっくりと・・