いったいどうしちゃったのか・・・

某日、当相談所副所長から突然送られてきたLINE。

 

まさかのミニカ5

まさかのミニカ5

「やっと納車です エンジンは元気、です。」

とのメッセージ付きで、意味不明。理解するのにしばらくかかりました。

どうもきっかけは私が送ったメッセージだったらしいのですが、何と言いますか、どうしちゃったのか、大丈夫なのか(←色々と)

 

何はともあれ情報収集に行かなくてはなりません。

 

お披露目会

 

正真正銘のミニカ5

正真正銘のミニカ5

早速伺うと、既にKさんもいて少々呆れた感じで本物のミニカ5を観察していました。

もはや説明不要の希少車(危篤車)ですが、wikiのリンクを貼っておきます。ちなみに排気量は471ccで、我が2号車の2G23型546ccとどの程度のパワー差があるか気になるところ・・・

 

 

カタログ

カタログ

手持ちのカタログのものと全く同じですね。

右上に「求められていました(N氏に)」と(笑)

 

 

運転席周り

運転席周り

さっそくチェックです。

見た目も綺麗樹脂類ので割れなどもなく、上等上等!距離は6万キロ台。
着座の感じは55バンと同じで、ゴーカートさながらの低さにN氏は違和感を覚えたようでした。

ブレーキのマスターシリンダを手で探っていたら突然ラジオが鳴り出したので驚いたら、さらにN氏も驚いて「ラジオ鳴らなかったから壊れてるのかと思ってたんよ!」と。ヨカッタネ!

ワイパウォッシャーが電動ではないのがナゾ・・・

 

 

ルームミラー

ルームミラー

ルームミラーは我がタヌキ号と全く同じ。ミニカF4も同じ。万が一もげてしまっても塩尻車から外したのがあるのでご安心ください。

 

 

 

エンジンルーム

エンジンルーム

お次はエンジンルーム。
乗用は排ガス規制が厳しくなる一方で、その対策とするアイテムがたくさん。
商用バンよりコテコテとして整備が面倒そう・・・

 

 

比較的初期か?

比較的初期か?

車体番号が8000台なので比較的初期の可能性も。
サビなどは年代相応でしょうけど、ストラット周りは大丈夫かな・・

中央の青い筒はEGRバルブ(と思われる)。

 

 

オルタネータとポンプ

オルタネータとポンプ

錆が多くても生きていれば問題なし。ウォーターポンプ、本当はオーバーホールに出しておいた方が安心なんですよねぇ・・・乗り出す前に。。

 

 

エンジン内部

エンジン内部

Kさんいわく、こんなもんじゃないの?と。

 

 

タヌキ2号車のエンジン

タヌキ2号車のエンジン

タヌキ2号車のエンジン内部はこんな感じ。前オーナーのオーバーホールのおかげです。

 

 

エクステリア

エクステリア

はい、どんどんチェックしますよー

小傷は多いものの、艶もあり、外装は綺麗ですね!

 

 

張り出しバンパー

張り出しバンパー

360ccの車体に張り出しバンパーを装着し、550cc規格感を演出。
これは55バンも同じ。

このグリル、ミニカF4と同じサイズなんだよなぁ・・・と思っていたら、バンパー張り出し分のスキマを埋める平プレートとグリルは一体成型。コストがかかっていますね。

 

 

リア

リア

ガーニッシュの表面のヤレ感がありますが、こちらも綺麗・・・って、MCAロゴの右にまたMCAのロゴ。
斜体のMCAはボンネットに貼り、リアは「MCA-51」が正解。

この「-51」は排ガス51年規制合格という意味ですが、今で言う「ECO」「GREEN」とかそういうのと同じくらい誇らしかったのかもしれません。

リアガラスは開閉式ですが、ヒンジの根本部分が劣化で割れておりガラスごと落下の危険性が。。。どなたかヒンジやF4の部品取車をご存知でしたら連絡をください~

 

 

グレードはカスタム

グレードはカスタム

後日、グレードを調べたらこの個体は一番左の「CUSTOM」と判明。
リアガーニッシュもこのカスタム専用のよう。

 

 

給油口

給油口

確認をして特に何かあるわけではありませんが、一応キャップの状態とかを確認・・
サビは取っておいたほうがよさそうですね。

 

 

サイドシル

サイドシル

サイドシルは表面よりよりも内部が肝心!

内側に何か所か丸穴がありそこから指を突っ込んで指触確認を行ったところ、表面にザラツキのようなものはなくひとまず生きていいそう。

いまのうちに、ノックスドールのようなものを吹いておいたほうが良さそう。

 

 

見つけてしまった

見つけてしまった

あー、パネルの合わせ部がひん曲がり、小さいサビ穴が。。

 

 

浮きサビ

サビ

ピッチングコートがはがれたところのサビ。早めの対処が後々の安心につながりますよ!

 

 

ブシュ類

ブシュ類

ブシュ類は下手っているので要交換で。手に入るうちに買っておきましょう!

 

 

楽しみ!

楽しみ!

ブレーキ周りもまだ部品は手に入るので、あまり心配はないでしょう。

致命的なところは無さそうなのが幸い。乗り出してしまうと作業をしなくなるので(笑)、サビ落としも含めてきっちりやっておきたいですね!

公道復帰が楽しみ!