三菱360cc関連とそういうの

プロペラシャフトのメンテナンス

ユニバーサルジョイントへの給脂

FR車の重要部品の1つ、プロペラシャフト。
長くて重量もそこそこあり、可動部が2か所ありながら高速で回転する部品。

シャフトの曲りやユニバーサルジョイントの動きが渋くなると振動が激しくなり、そのうちトランスミッションやディファレンシャルギアをダメにするようなトラブルに直結です。

メンテナンスと言っても出来るのはユニバーサルジョイント部への給脂程度。
簡単なのでもし今までノーメンテでしたら、一度は行っておいたほうが良いでしょうー

 

汚れたシャフト

汚れたシャフト

ひどい汚れではないにしろ、今までノーメンテ。
ジョイント部の動きは非常に軽く特に問題はありませんが・・

ホコリや泥はブラシ等で落とします。

矢印部分はリング状のシール部品(ダストシール)でゴムと金属が一体になったような素材です。

 

オイルは2ストオイルかギアオイル

2ストオイルかギアオイルで

使用オイルは2ストオイルかギアオイル(トランスミッションオイル/デフオイル)でOKです。

 

染みこませるように・・

染みこませるように・・

垂らす→ジョイントを動かすの繰り返しですが、シール部に染みこみようにして行います。

表面に塗っても意味がありませんので・・・。

 

シール部が回りだした

シール部が回りだす

この作業を何度も何度も行っているとそのうちシール部が動き出し、最終的にはスルスルと簡単に回るようになります。
あとはシールを回しながらオイルを垂らしこれを何度か行えば作業は完了です。

終わったらホコリでドロドロになるのを防ぐためにユニバーサルジョイントの表面に付着しているオイルを軽くふき取っておくと良いでしょう。

 

おまけ

私ではありませんが、旅先でこのような事態になったこともあります。
メンテはやろうと思ったらどこでも出来る作業ですね(笑)

旅のトラブル

旅のトラブル

詳細はこちらをどうぞ~

PAGETOP
Copyright © 行列の出来ないミニキャブ相談所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.