三菱360cc関連とそういうの

ME24エンジン クランクシャフト相違

え?違うの??

と、大げさですが全然大したことは・・・ある?

ME24エンジンの型式によってクランクシャフトに違いがあります。
2012年の秋にオイルシール吹き飛び騒動の際にオイルシールの交換がてらME24F型エンジンを分解・再組み立てを行いましたが、(少々恥ずかしい)諸事情によりクランクケースはF型エンジン、その他全てをG型エンジンのものにしたハイブリッドエンジン(?)にしています。

その時に違いに気が付きました。

 

以下をご覧下さい。

クランクシャフト

クランクシャフトの違い

左がME24F型、右がME24G型です。
どこが違うか分かりますか??

 

角度を変えてみると・・・

角度を変えて・・

角度を変えて・・

似て非なるものです。

 

 

アウターを外してみると

アウターを外してみると

ベアリングのアウターを外してみると、ベアリングの径が違うことが分かります。
アウターの外径は同じですので、肉を薄くして対応したことがわかります。

 

そして・・

肝心なのはココ

肝心なのはココ

もうお気付きかと思いますが、矢印の部分のジャーナル径も違います。
ME24G型のほうが太く設計されています(強度を持たせたのが理由とは思いますが、詳細は不明です)。

しかしこの違い、

「ふ~~~ん」

と甘く考えてはいけません。

 

実は甘くもなく、辛くもなく、しょっぱいんです。

このジャーナル径が異なることによって使用するオイルシールが変わってきます。
(当たり前といえば当たり前ですが・・)

オイルシール

オイルシールが違ってくる

ME24F型のような細いタイプは内径25mm、ME24G型の太いほうは内径30mmのタイプを使用することになります。

 

G型に適用出来るオイルシール

G型に使用出来るオイルシール

G型に使用出来るオイルシールはこちら(オイルシールについては別記する予定です)。
三菱純正より1mm薄いタイプですので打ち込みには注意が必要です。

 

このように細かいところで仕様(設計)が変わっており、互換性があるかどうかはパーツカタログである程度は判断出来るものの、やはり現物を見るまでは分からないのも事実だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP
Copyright © 行列の出来ないミニキャブ相談所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.