ついでですので、色々とリフレッシュをしましょう!

 

燃料フィルタ

燃料フィルタ交換

燃料フィルタ交換

6年前に新品を取り付けた燃料フィルタ。
不具合はありませんが新品にしてみます。

 

中の状態を確認

中の状態を確認

ついでですので、中の状態を確認すればタンクや燃料パイプの状態が分かるかとバラしてみます。

 

キレイ!

キレイ!

外側下部にはくすんだ汚れがありましたが、燃料が入ってくる内側はキレイでサビ粉や異物などはありません。

安心!!

 

燃料ホース

燃料ホース

燃料ホース

これも6年前に新品交換した燃料ホースで、バイク用品店で買った肉薄の社外品。

 

三菱純正ホースに

三菱純正ホースに

劣化は無さそうですが安心を買う、という意味で三菱純正ホースに交換。
さらにこの交換で期待するのは夏場の燃料温度上昇を少しでも食い止めること(熱ダレ・パーコレーション対策として)。

こちらは肉薄の社外品よりかなり肉厚なので温度の影響を受けにくいだろう、という素人の思いこみから。

 

撤去した冷却用ファン

撤去した冷却用ファン

ちなみにキャブレタに向けて取り付けていた冷却用の12Vのファンは樹脂が劣化して割れていて外れそうだったので撤去。

猛烈な暑さの中でもこのファンを稼働させると熱ダレ(エンストストール)することなく乗り続けることが出来るのでこれはこれで助かるアイテム(その前に人間が干上がりますが・・)。

電子部品箱を物色していたら巨大なファンが出てきたのでそれをマウント予定(熱ダレファンの方は乞うご期待?)

 

シフトブーツ

紫外線でヤラレテしまっているシフトブーツも新調。

劣化シフトブーツ

劣化シフトブーツ

6年間ありがとう。安物の合皮。

 

生地はまだある

生地はまだある

 

劣化シフトブーツをバラして型取りして・・・

当時買った生地はまだまだ残っているのでそれを利用。
ちなみにダッシュボードに敷いているベロア生地は常に日光にさらされているのに、色あせも劣化もなく非常に偉い生地です。

 

 

 

ミシン借りて

ミシン借りて

奥さんのミシンを借りて縫い合わせ。
生地切り出し30分、ミシン掛け30分で比較的簡単に出来た!

 

交換後

交換後

綺麗で気持ちがいいね!

 

ウィンドウハンドルも

ツマミの部分が割れてしまい回しにくかったので、交換。

回しやすくなった!

回しやすくなった!

水平になっているのが旧。
取り付けたのは塩尻個体の部品・・・大変助かります!

 

これでタヌキ号の内外のリフレッシュが完了!

あとは何事もなく乗り続けられることを心から、心の奥から願い続けるのみ!!

 

(完)