重要資料

これは私的には超重要資料。
公団発足後30年に発行されたものです。

首都高速道路公団30年史

首都高速道路公団30年史

 

節目の年度毎の計画の経緯等が載っていて首都高の歴史を知るにはこれは外せません。

計画の経緯

計画の経緯とか

 

その他、新旧写真が載っていて目でも楽しめますね。

赤坂見附付近

赤坂見附付近とか

 

上の画像の左下のある歩道橋から撮影した現在の赤坂見附付近。
お昼の散歩でパチリ。

現在の赤坂見附付近

現在の赤坂見附付近

 

こちらは首都高から。何だかよくわかりませんね。

首都高から

首都高から

 

燃料タンクの観察

さて、やっとのことで下したガソリンタンク。
(私的には)表面のサビが予想以上で内部もどうかなっちゃっているんじゃないかと不安が広がります。。。

浮きサビから深いサビに

浮きサビから深いサビに

 

このあと一部をワイヤーブラシでこすってみたところ、それ以上やると穴が空きそうなサビも出てきたり。

サビ穴が??

サビ穴が??

 

がしかし!
意外にもヒューエルゲージは簡単に外せ、そしてサビサビボロボロだろうという予想が外れました。

ヒューエルゲージ

ヒューエルゲージ

 

これはかなりキレイ!ってことは内部は・・・

ちょっぴり浮きサビ

ちょっぴり浮きサビ

 

ほんの少しだけ浮きサビがある程度でかなり生きています!

ほぼサビなし!

ほぼサビなし!

 

内部はそのままでも問題ないくらいです!
でも先々の事を考えて例のタンク防錆屋には出しておきますよ。

 

サビ取り爺さん

サビ取り爺さん

絶望的な事態は避けられましたが、ひと苦労しそうだ・・・。