どうでもよいか否か

古い首都高地図

古い首都高地図

よく首都高のPAに置いてあった案内地図の古いタイプのもの。
どうでもよいと言えばどうでもよいのですが、こんなのでも気になるんです。

 

首都高湾岸線の誕生

首都高湾岸線の誕生

東京港トンネルのみ開通

東京港トンネルのみ開通

湾岸線が誕生した時の案内地図。
湾岸線と言っても東京港トンネル部のみの開通で、周辺には船の科学館しかない時代ですね(’79の空中写真)。

ちなみにこの開通からちょうど40年目の今年3月、東京港トンネルの一般部(西行:海側のみ)が開通しています。

道路計画はこのようなスパンで開通するんですね、という見本でもあります。

 

荷台裏はどんな状況なのか・・

こんな状況なの

こんな状況なの

ガソリンタンクを下ろし、下から覗くとこのように左側(助手席側)が猛烈にサビています。
右側(運転席側)はさほどではありません。

ちなみに荷台は1枚の鉄板で構成されていて、あまり複雑に考えることなく対処が出来そうですね。

 

局部アップ

局部アップ(天が見えちゃってます)

ひどいなコリャ。
左に見える丸いのがフィラーホース。

 

局部アップ

局部アップ(リア側を見る)

フロントから伸びるサイドメンバの最後端は見るも無残な状況。
言うまでもありませんが、ごっそり切り落として作り直すしかありません。

 

いい色サビ気分

いい色サビ気分

その、フェンダーの後ろ側部分、軽くつんつんするとどんどん穴が空いてしまう状況で、どうやってフィラーホースを外そうかと悩む必要もなく、簡単に落ちてしまう部分は躊躇なくはぎ取りました。

 

大穴に発展

大穴に発展

そしてサビを落とす

そしてサビを落とす

朽ちて原型が分からなくなるよりはまだまだまだマシですが・・・ワイヤーブラシでのサビ取りはこの程度が限界で、あとはラストボンドを塗布することにしました。

なぜ、助手席側が猛烈に錆びているのか・・・見ての通りボディーに防錆剤が付着していません。
ガソリンタンクが邪魔をしていたと容易に想像が出来ますが、それがアダになってこのような状況になったと思われます。

 

表側の穴

表側の穴

で、ボディ側の穴。

最初はコブシ大の穴でしたが、

 

 

最小限のカットでも

最小限のカットでも

最小限のカットを行ってもここまで広がってしまいました。でも怖くはありません(笑)

 

塗装も落として

塗装も落として

板金に備える

板金に備える

塗装を落として、来る板金作業に備えておきます。
ここだけ見ると鈑金屋っぽいですが、ご近所方はそうは見ていません。

 

しかしヒドイね

しかしヒドイね

まぁよくも「こんなのを直してみよう」と思って作業している自分が・・・ステキ☆

地域でイチバンの変わった人なのかも。