フロアを復元する

サイドメンバも無事に(?)取り付いたので助手席足元のフロアを復元します。

フタをする

フタをする

復元方法は前回味を占めたリベット板金+点付け。
まずは型取りから。

 

透明型を使用

透明型を使用

リベットを打つ位置が重要ですので透明の型を使用します。
前回同様に捨ててもよいクリアファイルを利用。×印はリベット穴、○印は点付け用穴。

この段階で予めセンターポンチを打っておきます。

 

 

リベット処理

リベット処理

穴位置はうま~くサイドメンバ上のくるようにしてあり、板の位置を微調整しフロアやサイドメンバごと穴を空けます。
リベットを立てているのはズレ防止。

 

一通り打った

一通り打った

一通りリベットを打ち取り付いた状態でスポットジンクで仮防錆。点付けは時間切れのため次回に持ち越し。
何か所か穴位置がずれてしまい、その部分は4mm刃で空け直して4mmのリベット留め。

この部分はあとは点付け→ラストボンド→裏表からパテ処理でひとまず完了(?)