いつから復活か板金作業

6月に多忙な時期を迎えて以降55バン(愛称未定)の板金作業は中止・・7月にはタヌキ号のエンジン異音騒ぎによるエンジン乗せ換え作業を行い10月にはタヌキ号から手は離れるも再び忙しい日々が続きもう11月下旬・・・

いつになったら板金を再開出来るのか・・・てか、どこまで作業したのかもうすっかり(笑)

もうじき2年前のことになる・・

この写真ももうじき2年前のことになる・・

 

最近の動向

と、言いつつもタヌキ号復活後に何もやっていなかったわけではありません。

動画を作ってみた

製品のプロモーションに

製品のプロモーションに

10月某日、製品のプロモーション撮影にタヌキ号を!といっても自社製品用ですし、監督から編集まで全部自分なので特に・・
そのうち動画をyoutubeに載せるかわかりませんが、その冒頭部分で使用。

で、この日に現場に向かう道中に撮影した素材を使用して作った動画がこちら。
youtubeにおける楽曲利用についてはかなりグレーですが、一応許可を得ていることになっています。

 

 

もしや!

もしかしたら

その2の可能性も・・?

 

仲間が増える!

9月の某日、オークションになんとミニキャブELが!!

まさかのミニキャブEL!

まさかのミニキャブEL!

これはぶったまげました!
玉数が極端に少ない個体ゆえに復活の可能性がある状態で出てくるなんて全くの想定外!

その後色々ありまして落札された方が判明し、その方が以前紹介予定としていたS市のN氏。
情報連携済みで、後日画像を送って戴きました。

 

正真正銘のミニキャブEL

正真正銘のミニキャブEL

正真正銘のミニキャブEL

正真正銘のミニキャブEL

今後レストアをして公道復帰を目指すとのことですが、雪国なので少し時間がかかりそうとのこと。
もし公道復帰となりますと全国で3台目のミニキャブELとなります(うち1台はタヌキ号と他は香川県に)。

期待していますよ!!楽しみにしていますよ!!

 

助っ人として

某サビ雑誌の前回号から新連載になったミニカスキッパーのレストア記事。
ミニキャブ相談所として何か役に立てないかと編集部宛に必要そうな情報を送ったところ、なんと何度かお世話になっている方が執筆されていました。

 

そしたら後日にこのように。

助っ人

助っ人

お役に立てて何よりです。

 

こちらこそお世話になりました

こちらこそお世話になりました

 

福島出張

福島・川内村へ行く機会があり明るいうちに終わったので周囲をうろうろ。
サブロクはありませんでしたが、何台か草ヒロが。

タウンエースワゴン

タウンエースワゴン

これは珍しいのでは、とN市のN氏。
初代タウンエースで角目になったモデルのロールーフ。当時ハイルーフ車を見た記憶はありますが・・・廉価モデルなのかも。

 

またタウンエース

またタウンエース

またタウンエース。初代。
もしかしたらデルタワゴンかも・・・と思って近づいていったらその奥からガサガサっ!と物凄く早いものが動く音が!
「うぉー!」と言いながら車までダッシュ!

サルだったのか熊だったのか・・・ヤラレルかと思った。

うかうかと近づかないほうがいいです。

 

またタウンエース

またタウンエース

またタウンエース。ハーフタイム4WD。
初代からフルモデルチェンジ後で、これはバンではなく廉価なワゴンかも。
ハーフタイム4WDはフロントハブロックを手で行う必要があるので面倒。かといって常にロック位置にすると内輪差が生じずに右左折時にガクガクになり乗り心地はひどいもんです。

この4WD専用ホイールは私が新車で買った’94年式タウンエース・ライトエースまで使われていました。

 

えーっとキャラバン?

えーっとキャラバン?

最後に見つけたのがコレ。
キャラバンっぽいけどなんか微妙だなーと思って後日N市のN氏に見せたら、これはチェリーバンかサニーバンでしょ!と怒られました。
フロントは草で覆われていて全く確認が出来ず。
またサルだか熊が出てきても怖いので早々に撤退しました。

 

山口県出張

11月某日、当初私ではなかった山口出張、諸事情により急遽私が行くことに。
しかも前泊の必要があったのでもちろん早めに行ってレンタカーを借りて移動することにします。

羽田まではこの子に頑張ってもらいました。おるすばんしててね。

羽田でおるすばん

羽田でおるすばん

 

 

早めに現地入りする理由は2つ。

1つ目は、道路オタクとし見ておかないといけないところへ行く・・・それは

角島大橋

N市のN氏には怒られましたが草ヒロ探しより重要です。

その理由は・・・

この景色!

この景色!

この景色ですよ!

この景色ですよ!

もう言葉にならない美しさ。沖縄とも見まがう美しさ。

日本一美しい橋

といわれるのも頷けます。

これはネットのフリー素材ですが、これを自分の目で見るのです!

 

 

これを見ることが出来るなんて・・・
波が止まらなくなったらどうしましょう・・・
感動の渦に引き込まれて帰れなくなるかも・・・

 

 

 

 

これを自分の目で見ることができるのです!!

 

 

 

こんなワクワク、久しぶり!!!

 

 

 

 

今ここに生きていることに感謝!!!!

 

 

 

見ました。

見ました。

自分の目で見ました。

自分の目で見ました。

確かに自分の目で見てきました。

次の予定があるのですぐに移動します。

 

ミニカF4オーナーと会う

ちょうど1年くらい前でしょうか・・・山口県から当相談所にミニカF4の情報を求めてヘルプが入りました。Mさんです。
その後2月か3月に東京出張があるとのことでN市のN氏も交えてお茶会。

その後ある時期から連絡が疎になり以後状況不明になったところへ今回の山口出張。

これは連絡するしかない!とメールしてお忙しいところをお呼びして会うことが出来ました。

ちょっと古い写真ですがF4はこちら(他にも戴いていましたが夏の携帯破損トラブルによりデータ喪失・・ゴメン!)。

M氏のミニカF4

M氏のミニカF4

現車を見られなかったのが残念ですが、今はドンガラ状態のようでガソリンタンクは現在業者にコーティング依頼中とのこと。
それが戻ってくれば公道復帰へ大きく前進!になるらしい・・・

 

で、顔出しOKとのことで出しておきます。

紳士なはずですが

紳士なはずですが

M氏の職業柄もっと紳士なはずですがなぜか・・・
このミラジーノも15年だとかで意外と古い。

少ししか話が出来なかったのが残念です・・・わざわざ都合をつけて頂きましてありがとうございました。

それと、行列の出来ないミニキャブ相談所 中国地方担当になれるようにヨロシク!

 

草ヒロ見つけるも

山口県内、仕事の移動中に草ヒロを見つけるも第一種接近遭遇すら出来ません。

いくつか見つけましたがその中でも覚えていたのがこちら。
角島大橋へ行った際は見つけられませんでしたが、意外とあるかも。。。

サブロクか何なのか・・

サブロクか何なのか・・

スケール感が分からず360cc車なのかハイエースか何かなのか不明。

 

怪しいところ

怪しいところ

ヤードではなさそうなところで謎。この3輪の置き方からマニアと思われますが、フォークの隣にも三角窓のバンが置いてありマニア確定としました。

両者とも国道沿いなのでかなり有名かと。。

 

そんな山口出張も終わり、タヌキ号も良く働いてくれました。
高級セダン、高級セダン、高級セダン、高級軽トラ。

おるすばん

おるすばん

 

 

 

さて、ミニカ55バン復活劇の復活はいつになるのやら。。。