千里の道も・・・

千里の道のり、今回は何歩目になるのだろうか。。ひたすら地味街道を進んでおります。

 

穴をふさぐ

穴をふさぐ

今回はコチラの穴を塞ぎます。

 

初登場!

初登場!

で、当復活劇で初登場のt=0.5mmの亜鉛板。一番最初に良くわからずに買ってそのままになっていたもの。
今回の場所は強度的には不要そうなのでこれを使います・・・ただ薄すぎて溶接はNGでしょう。なのでリベット留めとします。

いつものように、厚紙で型取り→切り出し、を行いますが、・・・あ、忘れてた。

 

 

取れそうなナット

取れそうなナット

大穴を塞ぐ前に、突き出ている今にも取れそうなコイツを何とかしないといけません。
これはリアバンパーを止めるナットでギリギリ状態を維持している状態。触るとフニャフニャです。

 

2本留め

2本留め

手前と奥で2本留め。そのまま使うには不安すぎる状態なので切り落とします(最初はこの状態で使ってしまおうと思ってた・・)。

 

再利用

再利用

処理は簡単に済ませます。
細長い板(いつものt=0.8mm)を渡して切り取ったナットを溶接留めしてオシマイ。

再利用するナットはワイヤーブラシで磨いておきます。ついでもボルト1本も磨いておきました。

 

 

橋渡し

橋渡し

このように橋渡しをしておきます。

 

位置だし

位置だし

バンパーを入れて位置出し。

 

穴あけ

穴あけ

そして穴あけをしてボルトを突っ込みます。

 

溶接留め

溶接留め

そのままの状態で溶接留めをして完了です。はい、カンタン、カンタン~

このあと、両面をジンクスプレーで防錆処理を施しておきます。

 

リベット留め

リベット留め

そして続きの穴塞ぎ処理へ。

型紙通りに切り出して穴を空けてリベット留め。
薄い板なので厚紙を切るような軽さ。すんごい楽ちん~

ガソリンのフィラーホースを通す穴はホースを通しやすいように大き目に処理。

 

穴塞ぎ2

穴塞ぎ2

これも0.5mm板。このように切り出して・・・

 

ここに使います

ここに使います

フェンダーの裏側も大穴が空いているのでココ用のです。
ここもリベット留めをすればOKですが、今留めてしまうとボディ面の大穴を塞ぐ時にやりにくくなりそうなので、リベット用の穴を空けてこの作業は一旦休止。。

 

ここも塞がないと

ここも塞がないと

赤枠の箇所を塞ぐことも忘れていました(最近忘れることがホント多い)。

 

パッチ

パッチ

こいつは以前に切り出してそのままにしていたもの。
こいつもリベット留めで処理する予定。。(最近リベットで事を済まそうとしているのは手抜きなのか・・)

ここら辺でタイムアップ。
リア左周辺の作業、まだまだ続きそう・・・。